FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粕漬け入ってる~♪ 



昨日のシャケの切り身を
アップしようかと思いましたが・・・
今日は北海道のお野菜がたくさん届きました♪

野菜を整理しながら
がさがさやっていると・・・
母の手作りのなかでも
すっごく大好きな
胡瓜の粕漬けがはいってたではありませんか!

夕ご飯で食べたら


ん、まあああい!

思わず母に昨日今日と連続で
電話を入れてしまいました。

何度か作り方を教えてもらっていますが
なかなか母の味ジャストにはなりません。

ただ・・・地元出身のたっちゃんには
粕漬けは縁がなかったらしく
数年前に一度味見したきり
全然たべません。

そういえば・・・
こちらのスーパーには見かけないですね。

粕漬けといえば
お魚ばかりです。

なつかしの母の味こそ
ほんとうにココロまで癒される味です。


          
                           *当ブログバナーです。
                           リンクフリー
                           ご利用は計画的に










スポンサーサイト

Comments

SIR JAPANさん

あ♪
ほんとそうですね。微笑
たっちゃんも奈良漬は平気ですもん。
粕漬けは・・・この味は・・・・
いったいなんと言葉にして良いやら。笑
鼻に抜ける甘酒のような香りと・・・
甘塩からくなった胡瓜のコリコリ感。
・・・う==m。なにか違うなあ。

お料理を言葉で表すって、大変ですね。
おいしさをあらわすボキャブラって
案外少ないのかな。

  • [2009/01/20 00:31]
  • URL |
  • 管理人 北野ほたるる
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

あっちさんへ

なるほど、そうですね。
厳密に言うときっと、同じ味は不可能ですよね~。笑
そうそう。
味覚は思い出とリンクするものといいます。
母やおばあちゃんやおおおばあちゃんを好きで
いるからこそ、私なりの味覚の記憶を
しっかり身につけたいんだ、と思います。

遠く離れているからこそ
この思いはつよくなるんでしょうか・・・

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの・・・

なあんて。BY室生犀星さん




  • [2009/01/20 00:24]
  • URL |
  • 管理人 北野ほたるる
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

こんばんは

私もたっちゃんと同じ多摩っ子です。
奈良漬けは珍しくありませんが、粕漬けは初めて聞きました。
おいしそうです。

こんばんは

同じ味になることは一生かかっても無いと思いますよ。
100人いれば100種類の味と思い出ができますからね。
なので、ほたるるさんの味を確立してみなさんの思い出の一つとしていけば良いのですよ。
それにしても、ご飯をいただきたくなるような美味しそうな粕漬けですね。
日本酒で一杯というのもありです♪(^^)

  • [2009/01/19 18:55]
  • URL |
  • あっち27(^^)/
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

じゅんちあーちゃんさん

料理人と違って・・・
お金の絡まない、愛情オンリーの母の味は
舌と目で見た塩梅(あんばい)が
すごく大切だなあ・・・と思います。
だからきっと・・・ある程度女としての年季をつまないと
でてこない味なんじゃないかな、と思うことがあります。笑

そして・・・
わたしは便利に売っているものよりも
手間のかかったこういうものが好きです。

母から受け継いで守っていきたいお料理。

主人からお願いされて、おおおばあさんから
きちんと覚えて、身につけたい嫁ぎ先の味。
(うめぼし、貝紐のお煮付け、らっきょう漬け、
 黒豆、金平、自家製味噌・・・)

両方の女系に習うことは、まだまだたくさんあります。笑

  • [2009/01/19 17:13]
  • URL |
  • 管理人 北野ほたるる
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

隊長へ

隊長、うちの母のグランマは京都出身なんですよ!
だから、おばあさんとうちのママさんは
生粋の北海道弁とはちと違う単語を話すことがあります。笑
それはなに?と急にいわれると
北海道使用の私には、ちょっとグッとくるのですけど
グランマはもう80歳を越えて隠居しましたが
お三味線のお師匠さんであります。
今の母の味は、10年ほど前から
グランマの粕漬けの味になりました。
だからきっと京都風味だと思われます。
女家族が手から手へ伝えた京都のお漬物が
場所が変わっても、味が変わらない、って
すごく素敵な伝承だな、と娘としてすごく思います。
きちんと覚えなきゃ。

あと、おばあさんの絶品は茶碗蒸し。
こちらは頻繁に私も作るので、だいぶ伝承の味となりました。

そうそう。
この粕漬けも、これだけで女茶碗3杯はイケマス。笑。
茶漬けもおいちー♪

  • [2009/01/19 16:51]
  • URL |
  • 管理人 北野ほたるる
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

もろりんさんへ

ありがとうございます♪
あちこちの有名ブログをお試し期間使ってみたのですが
管理画面が一番使いやすくって
プラグインが一番多いココを選びました。
ご連絡する前に行動してしまいました。
ちょうどたあさんがお熱で、軟禁状態の為、
思いがけない連休ができましたので
思い切って手がけました。笑
久しぶりの徹夜2日間でしたよ。笑

そうそう。
楽天ではあからさまなブーイングを避けていましたが・・・
管理画面をみて、がっくり。苦笑
ほんと、名前の前にあの「楽天ティアラ?」がついているだけだったの。
たった、それだけだったの!無料との違いは!!!

せめて・・・広告削除くらいして欲しかった・・・・。

ま、でも・・
あちらは、いつぞやにちょっと打診した・・・
純文学や時代劇小説のコラムで埋めてゆきたいと思います。
よろしくおねがいします。

追記
ほんと、ひさしぶりに見たもろりんさんの詩。
やっぱりよかったです。<透明で。

  • [2009/01/19 14:31]
  • URL |
  • 管理人 北野ほたるる
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

おめでとうございます♪

こんにちは♪
風邪の具合はいかがですか?

新しいブログ開設、おめでとうございます(^^)
文字も写真もほたるるさんらしいレイアウトで素敵ですね。
これからも更新楽しみにしています!
さっそくブックマークさせていただきますね~。

楽天ブログの有料バージョンがたいして変わりなかったっていうのは。。。笑っちゃいました(笑)
でも広告が出ないのはいいですよね♪

お母さんの味が遠い北海道から届いて嬉しいですね(^^)
うちの母も漬物はやっていましたが、私はたくわん以外あまり好きでなくて~。
でもほたるるさんのお母さんの漬物、美味しそうだわ♪


PS
詩を読んでくださってありがとう!

粕漬け

漬物王国の京都市内出身でありますが、奈良漬以外の粕漬けはなじみがござらん。
(注:新潟にはいくらか旨い粕漬けがあるが)
それにしてもこの写真のきゅうりはイケそうじゃ。
ところが旨い漬物というもの、ごはんの消費が増える傾向にある。
出稼ぎ別荘ではほぼ毎日2合を炊くが、漬物があるとおかずを作ってはならない。
ごはんが足りなくなるならまだマシだ。
俺は数値上れっきとしたメタボなのだ。
がははははは。

  • [2009/01/19 12:46]
  • URL |
  • 誰やねんっ20号
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

味の伝承なり。

母親の味をこうやって引き継いでゆくんやね。
だんなさんの好き嫌いは別として・・・(笑)
レシピでは残せない部分もあるか・・・。
それは・・・。

今回は・・・が多いコメントとなりました。
ごめんなさい。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。